おしんこめも

感想や記録、twitterに流すまでもない思考整理など

会社員の人は同人活動の利益管理をどうやっているんだろう

12月です。年末ですね。

 

同人活動を始めてからこれまでの間、細々と活動していたので確定申告が必要なほどの利益を出したことはありません。というか赤字が殆ど…。

 

が、『売上高』だけを見ると塵も積もればで…イベントのたびに新刊を出していると少し不安になってきました。

何分お金に関しては素人なので、出納帳?なんてどうやってつけたらいいのかさっぱりわからず。

 

これは仮定の話なんですけども。

400円の本を50部刷って頒布する程度のピコサークルが年10回イベントに参加し毎回新刊出すと

 

売上

400円×50部×10冊=20万円

 

部数が増えたり頒布価格が上がったりすると20万円の壁はすぐ超えてしまいます。が、実際のところ経費は発生しているので

 

経費

印刷代(仮に原価率70%とする) 14万円

イベント参加費 6000円×10回= 6万円

交通費や書店委託手数料、送料も必ず発生しているので50部程度ならまず赤字です。

 

今年は執筆をはじめたのが9月からなので全く問題ないのですが、2018年は前半だけでも5イベントに参加予定です。

もしもきちんと経費を管理していなければ税務署に何か言われた時に困るのではないか…とふと思い至り。

ちゃんとやるなら年末なので棚卸もしないといけないですし、赤字は来年に繰り越せるのかもしれないしと、ちょっと色々と調べているところです。

 

お金の話や部数の話はどんなに親しくてもなかなか聞けないので、同じような立場の人がどうやっているのかとても気になるけど聞けない…。

参考になりそうなサイトを読み漁ったりなど。

 

www.zeiri4.com

togetter.com

 

経費の中に参考書籍も入れることができるというのをスポーンと失念していたので、記事を読んでよかったです。

デッサンの本とか資料用に買ったものなどきちんと記録しなおそうと思います。

 

税務署の確認なんてもっと大手や中堅サークルさんからやると思うので、要らぬ心配のような気もしますが。一応ね。

 

おすすめの管理ツールとかがあったら教えていただけると嬉しいです。

グーグルのスプレッドシートにつらつらとメモがわりに残している程度しか管理していないんですが、大丈夫かな?

 

自分で記録してみると、私よりも活動規模の大きいサークルさん(ほとんどそうなんですけど)がみんなアフターで肉を食べたりノベルティや素敵な装丁をしたりというのは、税金対策も兼ねているのかも…と違った視点で見たりもしますね。おもしろいものです。

 

赤字がかさんで活動ができない~とならない程度に、2018年も活動していきたいと思います。